早めに治そう更年期障害~治療して悩みをなくそう~

病棟

腎臓病が専門の腎臓内科

看護師

腎臓病の注意点

腎臓病で透析治療を受けている人は、1週間に3回程度、4時間から5時間をかけて血液透析をすることが必要になる。仕事や学業と病気の治療を両立させるためには、通いやすい腎臓内科を選ぶことが非常に重要である。世田谷区の腎臓内科では夜間透析を行っており、夜遅くまで人工透析をすることができる。世田谷区の腎臓内科であれば、仕事や学校が終わってから人工透析が受けられるので、仕事や学業と腎臓病の治療を両立させることが可能になる。腎臓病を治療するには、腎臓病の専門医による治療を受けることが必要である。世田谷区の腎臓内科には、腎臓病の専門医が多数在籍しており、名医と称される優秀な医師による腎臓病の治療を受けることができる。

腎臓内科の今後の動向予測

最近は高齢透析患者が急増しており、腎臓内科では高齢者が長期生存できる最先端の治療が行われている。最先端治療の普及によって、透析低血圧や栄養障害は減ってきており、高齢透析患者の生存率は確実に向上している。腎臓病の治療技術の進歩によって、QOLを維持しながら長期生存できる高齢透析患者は今後ますます増加すると予測される。世田谷区の腎臓内科は、高齢透析患者の長期生存率がとても高く、大勢の高齢者が世田谷区の腎臓内科で治療を受けている。最近は腎臓病の治療に有効な新薬が開発されており、腎臓病の患者でも使用可能な抗アルドステロン薬などが開発されている。薬学の進歩によって、今後は薬物療法で慢性腎臓病の治療が可能になると予想される。