早めに治そう更年期障害~治療して悩みをなくそう~

病棟

腎臓病が専門の腎臓内科

看護師

世田谷区の腎臓内科では夜間透析を行っており、仕事や学校が終わってから血液透析をすることができる。世田谷区の腎臓内科では最先端治療が行われており、高齢透析患者はQOLを維持しながら長期生存することが可能である。

» 詳細へ

体の機能向上のために

hospital

血液クレンジングは、体内の血液にオゾンを入れることで健康を図る方法です。冷え性の改善など、不調が改善されますが、血液を抜く時に具合が悪くなった経験のある人は、医師に予め相談してから受けるのが良いです。

» 詳細へ

脚に浮き上がる血管の正体

flower

下肢静脈瘤は長時間の立ち仕事に従事する女性に多い病気です。その他には妊婦さんや経産婦さんにもよく起きます。ひざ裏やふくらはぎに青く細かい血管がはっきりと見えたり、ぼこぼことしたこぶが浮き出ていれば、下肢静脈瘤が疑われます。最近は専門のクリニックがありますから、そこを受診するのがおすすめです。

» 詳細へ

加齢による病気です

医者

泌尿器科を受診します

男性の更年期障害は、年齢を重ねたことにより男性ホルモンが低下することが原因とされています。男性ホルモンのひとつであるテストステロンの分泌が少なくなることが原因ですが、場合によっては、テストステロンの低下がなくても更年期障害の症状が現れることもあります。更年期障害の症状には、心理的な症状と身体的な症状があります。前者は、やる気がなくなったり、記憶力が低下したり、うつ状態になったりする症状がみられます。後者は、汗をかいたり、めまいがしたり、耳鳴りがあったりする症状がみられます。また、性欲が失せたりすることもあります。症状は個人差が大きいのも特徴です。更年期障害ではないかと疑わしい場合は、泌尿器科を受診します。

副作用もあります

男性の更年期障害はテストステロンの低下が原因とされていますので、テストステロンを補充する治療方法があります。しかし、この治療方法は注意が必要です。なぜなら、副作用があるからです。特に、前立腺がんや前立腺肥大症、心筋梗塞、狭心症、多血症といった病気に悪影響を及ぼす可能性があります。尿道から離れた前立腺の周辺や、胸、血液などの検診を定期的に受けることが重要です。テストステロン補充療法以外にも、漢方を用いた治療や、精神科や心療内科でのカウンセリングといった治療方法もあります。また、勃起障害の症状が出ている場合には、勃起治療薬が処方されます。そして、更年期障害は高血圧やメタボリックシンドロームとも関連性が高いといわれています。日頃から、体調管理に気を配るように気を付けます。